201.JPG

「皮から作ろう!~餃子教室~」終了しました。
皮から作ると、時間はかかりますが、
おいしいのです。食感が違います。
向って左のピンクのエプロンの方が、楊先生です。

129.JPG

洗った野菜は、よく水を切っておきます。

137.JPG

薄力粉と強力粉は半々で、少しずつ水を加えて、練ります。

144.JPG

野菜とエビをみじん切りに、

136.JPG

します。

145.JPG

豚ひき肉は、サラダ油&ラーユを各大さじ2、塩少々、鳥がらスープ大さじ1、オイスターソース(小瓶約半分/約70g)を入れてはしで混ぜ、この後みじん切りのネギを混ぜて、少し置いておきます。

147.JPG

やる気満々です。 

149.JPG

今日の材料です。
作る餃子は、以下の2種です。

1.白菜とキャベツ、ニラの定番餃子
2.人参とセロリの餃子
(豚肉・エビ・ネギ・エノキ・シイタケは共通に入ってます)

ニンジンとセロリ、うーん楽しみですねえ。

150.JPG

白菜は布巾で水気を絞って、入れます。
水分をなるべく入れないようにするのが、おいしさのポイントです。少量の場合は手で絞ってもOKです。

151.JPG

ニンジンとセロリの具たち。きれいな色じゃないですか! 

154.JPG

こちらは定番の具。 

158.JPG

量が多いので、混ぜるのも一苦労であります。

160.JPG

生地は30分ほど寝かせます。

167.JPG

いよいよ麺(皮)を伸ばして、包む作業に入ります。

169.JPG

う、うすい!!

まるで、売ってるやつみたいじゃないですか!

171.JPG

横から見てもうすいですな。 

174.JPG

ビューティです!!!
中国では、初めに試しに、数個作って味見をし、
具の味の調整が必要ならやって、その後、大量に作るんだそうです。

さて、次はいよいよ茹でです。
中国では茹で餃子が一般的だそうです。